その他

その他

眼精疲労・近視・飛蚊症 他

眼精疲労、飛蚊症、近視の治療など眼科・松原クリニックへご相談ください。
検眼の技術には自信があります。患者様を出来るだけお待たせすることの無いようにスピーディーでスムーズかつ丁寧な診察を心がけています。まずは当クリニックにて検査し、必要であればメガネやコンタクトレンズの処方、施術をさせていただきますのでお気軽にお越しください。

眼精疲労

眼精疲労について

眼精疲労を訴える患者さんの目を検査すると、しばしば次のような病気や異常が見つかります。 その原因は、大きく5つに分けられます。

  1. 調節性眼精疲労(近視・乱視・老眼・眼鏡の矯正不良)
  2. 筋性眼精疲労(斜視・斜位・視線が合わない)
  3. 不等像性眼精疲労(左右の視力が大きく違う、いわゆる"がちゃ目"です)
  4. 症候性眼精疲労(病気による疲れ)
  5. 神経性眼精疲労(精神的なストレスの影響)
早めの治療・対策

「目が疲れる」「目が痛い」といったことは、誰でも日常よく経験します。 でも、たいていはしばらく経つと忘れてしまいます。しかし、ときには症状が頑固に続いたり、体に悪影響が及ぶこともあります。医学的にはこのような状態を「眼精疲労」と呼んで、単なる目の疲れである「眼疲労」と区別しています。 眼精疲労は、何らかの手を打たなければ、仕事や環境が変わるといった生活の変化がない限り、自然には、治りません。不快な症状はいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあります。さらに、背後に目や体の病気が隠れている可能性も考えられます。ですから「ただの目の疲れ」などと軽く考えず、なるべく早く診療を受け、対策を立てましょう。

近視

近視の眼とは?

近視明視力が弱いといえば近視と思われやすいように、近視になってしまった眼には眼鏡矯正が必要となります。 しかし、眼鏡は見かけの問題や使用上の不便さから、近視の子供を持つ親に嫌われます。 確かに、近視は遠くを見るとぼやけて見にくく不便ですが、近くを見るには目を近づけさえすれば見えるため、 特に不自由はありません。むしろ、正視の人が老眼鏡の必要な頃になっても、近用眼鏡を必要としない場合があり、 老視に有利とされています。 ただ、強度近視に関しては、後に述べるような疾患と結び付く例がありますので注意が必要です。

近視の進行防止対策
  1. 望遠訓練
  2. 調節の減少眼鏡や薬物点眼で調節の負担を軽減することにより、近視の進行が遅れるといわれています。 特に偽近視(仮性近視)には薬物点眼療法がよく用いられています。
  3. その他ハードコンタクトレンズやオルソケラトロジーレンズの使用により、近視の進行が遅れるという意見もあります。

結膜炎

結膜とは上下のまぶたの裏側と、白目(強膜)の表面を覆っている半透明の膜で、皮膚に似た構造をしています。結膜には、細かい血管が豊富に存在し、またリンパ組織という免疫反応(体が異物に対して反応すること)を起こす組織もあるため、ここに異物が付着すると炎症反応が起こります。これが結膜炎です。

原因は様々ですが、感染、アレルギー、空気中の刺激物質などで、感染には細菌(バクテリア)によるものとウイルスによるものがあります。 ブドウ球菌やレンサ球菌などの細菌で結膜炎を起こすと、目が赤くなり「目やに」も出ます。目やにがたくさん出るときは、急性の感染症であることが考えられますので、すぐ眼科医の診察を受けなければなりません。また慢性的な炎症は朝起きた時に少し目やにが出る程度です。

ウイルスが原因である場合には、目が赤くなることに加え、風邪の症状である喉のいたみを感じたり、 鼻水が出ます。目やにはさらさらしていることが多く、症状は1~2週間つづきます。 特に注意が必要なのは、一般に流行目と呼ばれるもので、流行目には、流行性角結膜炎、咽頭結膜炎、急性出血性結膜炎などがあります。 アレルギーが原因である場合には、目のかゆみが主で目やにや充血がおこります。

結膜炎(花粉症、はやり目)アレルギー性結膜炎の治療(花粉症など)は、治療には主に抗アレルギー作用をもつ目薬を用います。花粉症など、発症する季節が判明しているときは、自覚症状が出てくる前に目薬をつけ始めることで、症状の予防、軽減になります。かゆみなどの症状が強いときは、ステロイドを含む目薬を使用します。 しかし、症状を抑える効果は強いのですが副作用があるので、眼科に通院しながら使う必要があります。又、目薬だけで症状が治まらないときには、抗アレルギー薬を内服することもあります。

糖尿病性網膜症

糖尿病患者は現在全国で約700万人いるといわれ、その数は今なお急増しています。 糖尿病は、発病初期にほとんど自覚症状がないため軽視されがちですが、全身に及ぶ合併症をひきおこす油断できない病気です。

特に「三大合併症」と言われる「網膜症」「腎症」「神経障害」は、発症頻度の高い重大な慢性疾患です。 目の奥には、網膜というカメラのフィルムにあたる重要な膜があり、ここに多くの毛細血管が分布しています。 糖尿病患者の血液は糖分を多く含み、 粘性が高いため、毛細血管をつまらせたり血管壁に負担をかけます。そのために網膜に酸素や栄養が不足し、 眼底出血や硝子体出血などの症状を示す 「網膜症」となります。また、糖尿病によるその他の目の合併症として、 網膜症の末期的段階に発病する「緑内障」(正確には「血管新生緑内障」)、 水晶体が濁る「白内障」、角膜に障害が生じる「角膜症」 や眼球が自由に動かなくなる「眼筋麻痺」があります。

「網膜症」は、本人も気がつかないうちにじわと進行する質の悪い病気です。血糖値のコントロール状態により進行の具合は異なりますが、 一般に糖尿病を発病して約10年で、患者のおよそ半分が網膜症を合併していると言われています。驚くべきことに、 毎年3,000人もの人が糖尿病網膜症によって失明しており、現在わが国における成人の失明原因の第1位となっています。

糖尿病と診断されたら、「まさか、自分が…」というあまい認識を捨て、一度、眼科で眼底検査を受けましょう。 当院では、OCT検査によって、 スムーズな診断が可能です。

お電話でのお問い合わせ

0120-049-146
レーシック
オルソケラトロジー
icl

松原クリニック

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-6
島倉ビル7F
TEL:0120-049-146
FAX:03-5391-9070

診療時間

月~土/11:00~19:00
日・祝/12:30~17:30